投資顧問会社の無料銘柄情報は信用できる?有料との違い

様々なグラフ

投資顧問会社による銘柄情報について

投資について勉強した人でも、銘柄がいつ値上がりするか、またその予想などに自信がないといった方も少なくありません。

そんな場合に、投資に際しての参考となる助言を行ってくれるのが投資顧問会社です。

投資顧問会社は、各社によって値の変動やそれに伴うおすすめの銘柄を紹介してくれます。

その情報を参考とし、自分の投資したい銘柄を決めるというのも投資における1つの方法です。

しかし、投資顧問会社を過信しすぎるのはいけません。

会社により的中率に差はありますが、的中率が高いと言っても65~70%ほどが関の山です。

そのため、いくら投資顧問会社を利用すると言っても、配信された情報の真偽の見極めや、最終的な投資判断を自分で行うというプロセスを忘れてはいけません。

また、投資顧問会社の情報を活用したい場合には、無料銘柄情報と有料銘柄情報の違いについて、知っておく必要があります。

投資顧問会社の銘柄情報における無料と有料の違いとは

投資顧問会社が提供してくれる銘柄や投資に関した情報には、無料会員向けと有料会員向けの2つがあります。

この2つにおける違いは、主に提供される情報の質や的中率にあると言えます。

無料銘柄情報で提供されるのは、あくまで無料会員に向けた投資情報です。

情報配信に起用される人材についても、経験の浅い新人などが担当している可能性が高く、当然ながら情報の質や的中率に影響して信頼度が下がります。

さらに、基本的に値の大幅な変動に期待が持てる銘柄情報などは有料情報で紹介されるため、無料情報では紹介されないことが大半です。

もちろん、中には無料情報でも、質が良く的中率のいい投資顧問会社もありますが、やはり有料情報の方が質も良く利益に繋がりやすいことを理解しておく必要があります。

投資顧問会社の無料銘柄情報の上手な活用方法とは

先述した通り、投資顧問会社が提供する無料銘柄情報では情報の質や的中率に大きな期待ができません。

しかし、無料銘柄情報には上手な活用方法があります。

と言うのも、質の良い銘柄情報を得ようとするならば、必然的に有料会員提供の情報を求めることになります。

その際に、無料銘柄情報を利用することで、その投資顧問会社のレベルや質をみる判断材料にすることができます。

無料と有料とでは、会社によって情報に対する力の入れ方に違いが出ますが、無料でも的中率や質の良い情報を提供してくれる投資顧問会社は、有料情報が有益である場合が多いです。

そのため、有料情報に気が進まないユーザーでも、まずは無料銘柄情報から活用してみましょう。

また、無料銘柄情報のみを投資の参考としたい場合でも、複数の投資顧問会社を活用し比較することで、より有益な情報を提供してくれる投資顧問を選ぶことが大切です。

Latest Post